FC2ブログ

スポンサーリンク

Hiroki Sato

Hiroki Sato

スーパーで買い物をしている途中で、

「喉が痛いから飴でも買おうかな。」

何気なく俺がそう呟いたら、結美はものすごい勢いで俺の手を引いた。


「どのあめちゃんにする?」


あっという間にお菓子売り場に到着した俺たちは、手を繋いだまま棚を眺めた。



「ゆずのはどう?喉に良さそう。」

「それでいいよ。」

「あ、生姜だって。これも良さそうだね。」

「じゃあ、それにしようか。」

「あ、待って待って。ハーブも効きそうじゃない?」

「そうだな。じゃあ、それにし」

「もーーー。どーしてそんなに決められないのー。」


すべて容認しているのに何故か注意されてしまった。
しかも、決められないのは結美なのに。



結美は元々かなりの優柔不断。
しかも俺は拘りがないときているから、決まる物も決まらない。
でも、実は俺はそのシチュエーションを楽しんでいて、いつもまったく苦にならない。

親父の墓参りに行く時もそう。
親父の為にと、持っていく花を延々と悩んでやっと決まった時の、結美の嬉しそうな笑顔を見るのが好きだ。
今回もそれと同じで、俺の為にという気持ちがひしひしと伝わってくる。
そういう所、本当に愛してやまない。



「結美の好きなのでいいよ。」

いつもと同じ台詞を言うと、俺の手を離して両手で飴の袋を持った。

「じゃあ、味に飽きないようにこれとこれにする!」


飴→結美の顔→飴


「真ん中が一番美味しそうだな。」

そう言ってキスをした時の、結美の顔。

今思い出しても笑えてしまう。


本当に、何をしても可愛くて仕方がない。



関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
Hiroki Sato  
りおさん

ありがとう。
少し違和感があっただけなので大丈夫ですよ。

りおさんは偉いね。
俺なんてキスしてしまいましたから。
優しさと思いやりが、まだまだ足りませんね。

早く元気になって、彼に会えるといいね。

2019/10/26 (Sat) 23:43 | EDIT | REPLY |   
りお  

喉の痛みは大丈夫ですか?

いつも文字を読んでいるだけでも、すごく
可愛い人だなぁとキュン♪とするので、現実の結美さんの可愛らしさといったら、破壊力ハンパないですよね♪

私は、のど飴を選んであげたことはないけれど、お気に入りの飴が一緒でした♪

今日は朝起きたら、風邪をひいたのか全く声がでず、喉の痛みもないし元気ですが、話も出来ないし、風邪をうつすと悪いのでデート中止にして残念な日になってしまいました。
次、早く会えますように!

2019/10/26 (Sat) 21:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply