FC2ブログ

スポンサーリンク

Hiroki Sato

Hiroki Sato


昨日、俺に宿題を出した先生から、待ち合わせの場所に到着する直前にメールが。


「寝ちゃう」


「。」も顔文字も打てないほど眠いのか。

困ったな。

可哀想だから寝かせてやりたいが、今日は心を鬼にしよう。


「もしもし?」

「あ・・・どしたの?電話なんて・・・。」

「今眠ったら逢えないよ。もうすぐ着くから、頑張って出ておいで。」

「はぁい・・・。」



時間帯を問わず、結美は突然睡魔に襲われる事がある。

今日はひどいみたいだから、お出掛けは無理かな。


「おはよ~~~~~。」

「おはよう。大丈夫か?」


結美は、急いで荷物を後ろに置いたと思ったら、そのまま俺の膝の上に倒れ込んだ。


「眠ってていいよ。」

「ごめんね・・・なんか、もうフラフラで・・・。」


結美の身体にシートベルトを着けて、俺は車を静かに出した。


「佐藤さん、宿題は・・・?」

「今日は風が強いから、外は無理だよ。」

「じゃあ、おうち・・・?」

「そうだな。うちで眠って、元気になったら少し出掛けようか。」

結美は、小さく頷いた。



「長い・・・。」

そう言って俺の左脚にしがみつくのが可愛くて、そっと髪を撫でた。

「おやすみ、結美。」

結美は、聞き取れない言葉を残し、そっと目を閉じた。



関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
Hiroki Sato  
月野ミナさん

初めまして、コメントありがとうございます。

不思議なご縁がありましたね。
いつでも、気軽に立ち寄って下さい。

2018/10/13 (Sat) 22:59 | EDIT | REPLY |   
月野ミナ  
ステキです♪

こんばんは♪
私のブログのアク解で、ここのブログの足跡があったので
飛んで来ました。

ひとつひとつの記事が、1枚の絵を思わせるような
ステキなブログですね~。
おふたりの姿が思い浮かびます(*^^*)

また寄らせてくださいね。

2018/10/13 (Sat) 21:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply